本文へ移動

グラデーション

グラデーションパターンとは滑らかな透過率または反射率変化をもったパターンを指します。エクアでは、リニアな変化だけでなく、正弦波、放物線など種々の曲線の設計が可能です。
透過型は、フィルムタイプとガラスタイプがあります。フィルムタイプにおいては独自のデータ処理およびユニークな精密露光プロセスにより、極めて滑らかで、かつ自由な濃度変化のグラデーションパターンを実現しています。 ガラスタイプにおきましては独自のデータ処理技術、高精度描画装置を用いて最少サイズ2μmの微小ドットによる滑らかなグレースケール表現を可能にしております。反射型は、印画紙の豊かな中間色表現によりパターンが作成されています。

ガラス基材による製作例

回転型のグラデーションです。ガラス基板上にクロム薄膜にてグラデーションが表現されております。グラデーションの濃淡は、最小2umのドットの配置比率にて構成されております。
中央から周囲に向かって透過率が高くなるよう設計されたパターンです。
同心円状に正弦波を繰り返すパターンです。
正弦波のグラデーションパターンです

PET基材による製作例

PET基材によるグラデーションパターンです。ガラス製品に比べラフなパターンとなりますが、取り回しの良さや費用面でのメリットがあります。グラデーションの濃淡はドットの配置比率にて構成されております。

印画紙基材による製作例

印画紙を使用したグラデーションパターンです。グラデーションの濃淡をグレーにて表現することが可能です。

グラデーションパターン

グラデーションパターンを用いて光の透過率を滑らかに変化させることができます。調光用パターンなどとして用いられます。透過率はリニアな変化だけでなく、正弦波、放物線など種々の曲線に対応しており、基板はガラス、PET等のほか紙媒体も使用可能です。
放射状パターン|光学部品|株式会社エクア
放射状に透過率を変化させたパターンです。
リニアパターン|株式会社エクア
リニアな透過率の変化です。傾斜は任意に設定できます。
正弦波形状|光学部品|株式会社エクア
正弦波形状に透過率を変化させたパターンです。周期は任意に設定できます。
回転型パターン|光学部品|株式会社エクア
回転方向に透過率を変化させたパターンです。ガラス基板の場合、基板を円形に加工したり、中心に穴を設けることが可能です。
株式会社エクア
〒252-0303
神奈川県相模原市南区相模大野
8-10-6ユタカビル5F

TEL.042-745-2027
FAX.042-745-2047

フォトマスク
テストチャート
精密薄膜製品
光学部品
精密金属部品
0
7
3
4
0
8
TOPへ戻る